美容ドリンクで美肌生活

年齢に負けない!美容ドリンクで若々しさをキープ

化粧品で肌の表面をケアしている方は大勢いると思いますが、美容ドリンクで体の中からお肌のケアをしている方は少ないように感じます。お肌は新しく内側から作られ古いお肌は外側に押し出されていきます。これをお肌の新陳代謝(ターンオーバー)と呼びますが、このお肌が新しく作られるまでの期間が長くなる事によってお肌の老化へと繋がります。逆に言えばこの期間を維持し続けられれば若いころと同じお肌をキープ出来ます。そのためにはお肌に必要な栄養を摂り、その栄養をスムーズにお肌に届けなければなりません。

 

そこで登場するのが美容ドリンクです。美容ドリンクはお肌に必要な栄養が沢山詰まっていて、液体なので腸での吸収もスムーズです。しかし美容ドリンクは種類も豊富なので「自分はどの美容ドリンクを飲んだらいいのか分からない」という方もいると思います。

 

まずは美容ドリンクに含まれる主な成分について知り、自分に必要な美容ドリンクをある程度絞れるようにしましょう。
自分に必要な成分が分かったら美容ドリンクランキングなどを参考に美容ドリンクを選んでみましょう!

 

美容ドリンクの主な成分

 

プラセンタ

「プラセンタ」とは英語で「胎盤」の事でその胎盤から抽出したエキスを「プラセンタエキス」と言います。プラセンタには胎児を育てるのに必要な栄養が豊富に詰まっているため栄養の宝庫とも呼ばれています。

 

プラセンタには多くの栄養が詰まっていますが中でもEGF(上皮成長因子)とFGF(線維芽細胞増殖因子)という成分はプラセンタとツバメの巣にしか含まれておらず、通常の食事からでは接種することが中々出来ないため美容ドリンクや美容サプリメントで摂取する必要があります。

 

EGFは元々は火傷後の皮膚の再生など医療に利用されていたもので、当時はとても高価だったため一般的に利用される事はありませんでした。しかし時が経つにつれて研究や技術が進歩しコストが大幅に下がったため、化粧品に配合されるなど一般的に利用されるようになりました。

 

FGFはお肌の真皮層にある線維芽細胞を活性化させる働きを持っています。この線維芽細胞とはお肌のハリを保つコラーゲン、お肌の潤いを維持するヒアルロン酸、コラーゲンやヒアルロン酸の働きをサポートするエラスチンを生産してくれる細胞です。この細胞が紫外線や活性酸素、加齢などによって弱ってくるとこれらの成分の生産が減ってしまいお肌の老化の原因になります。

 

これらの成分や栄養があることからプラセンタは美容成分として大変優秀なものだと言えるでしょう。

 

コラーゲン

コラーゲンはプラセンタの項目でも紹介した通り、お肌のハリを保つ重要な成分です。動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンがあり、動物性コラーゲンは熱に強く料理に適しているため摂取しやすいですが分子量が大きいため吸収率はあまり良くなく、動物臭さが残っているものが多いです。対して海洋性コラーゲンは魚の骨や皮、ウロコから取れるコラーゲンで熱に弱いため調理には向きませんが分子量が小さいため吸収しやすく、動物性コラーゲンに比べて臭みも少ないのが特徴です。

 

しかし分子量が小さいと言ってもまだまだ大きく、体にスムーズに吸収させるためにはより小さくする必要がありました。そこで登場したのが「コラーゲンペプチド」です。コラーゲンペプチドはコラーゲンの分子量をとても小さくしたもので、体への吸収がとてもいいためサプリメントによく利用されています。つまりコラーゲンを摂取するなら食事からではなくサプリメントの方が効率がいいということになります。

 

ツバメの巣

中華料理の高級食材として知られるツバメの巣は、実は高い美容効果を持っていて楊貴妃も愛用していたと言われています。ツバメの巣に含まれるシアル酸には細胞と細胞の間の情報を橋渡しする働きがあり、吸収された栄養を必要な場所へ誘導してくれるためお肌にも必要な栄養が行きわたりやすくなるということです。シアル酸が不足してしまうと栄養を摂っていたとしても必要な部分に栄養が届きにくくなってしまうため、小まめに摂取したい成分ですがツバメの巣は高級食材なので毎日食べるという訳にはいきませんよね。摂取しやすい食べ物としては卵のカラザ部分にもシアル酸が含まれているのですが、量が少ないためやはり美容ドリンクや美容サプリメントに頼るのが良さそうです。

 

プロテオグリカン

プロテオグリカンは聞きなれない方もいると思います。プロテオグリカンが発見された当初はたった1gで3000万円というとても高価なものでしたが、技術の進歩によってサケの鼻軟骨から低コストで効率よく抽出出来るようになり一般的に利用出来るようになりました。

 

プロテオグリカンの特徴はその保湿力にあります。保湿というとヒアルロン酸を思い浮かべると思いますが、プロテオグリカンはそのヒアルロン酸よりも30%ほど保湿力が高く、より長時間の保湿効果を得られます。さらにプロテオグリカンにはEGF様作用もあるため美肌効果も期待できます。

 

セラミド

ヒアルロン酸は内部で保湿するのに対しセラミドは表皮部分にあり、細胞と細胞の間を隙間なく埋める事で紫外線や病原体などが侵入するのを防いだり、皮膚の水分が蒸発してかないようにしています。更にセラミドは水分を挟み込むようにして保持する働きがあり、これによってお肌の保湿をしてくれています。セラミドは表皮部分にあるため化粧水など外側からのお肌ケアによく利用されています。

 

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは蜂の中でも女王蜂だけが口にする事が出来る特別なものです。女王蜂と働き蜂のサイズの違いや寿命の長さを見ても分かるようにローヤルゼリーには多くの栄養が含まれている事が分かります。実際にビタミンやミネラル、アミノ酸に加えてデセン酸というローヤルゼリーにしかない成分が含まれています。このデセン酸は皮脂の分泌量を調節する働きがあり、丁度よい皮脂の量を保つことでニキビや肌荒れを予防してくれます。更にお肌をキレイにする働きのある女性ホルモンに似た働きもしてくれるため、豊富な栄養と合わせて美容にはうってつけの成分と言えるでしょう。

 

サイタイエキス

「サイタイエキス」とは臍帯、つまり「へその緒」から抽出したエキスです。胎盤(プラセンタ)に栄養を送るために必要な器官のためプラセンタとほぼ同じ成分が含まれているので美容効果はプラセンタに引けを取りません。プラセンタと比較して一度に採れるが少ないためサイタイエキスの方が高価になってしまいますが、プラセンタには無い天然のヒアルロン酸が含まれているため高い保湿力があります。